お名前シール・キャラクタシールなど子供向けシールの激安通販!顔写真シール・QRコードシール・透明シールなど他にもいろいろ!
ゲストさん、いらっしゃいませ。 TOPページ  |  ログイン
シールのアトリエゆうかる

大きなステッカーの貼り方【図解説明】

大きなステッカーの貼り方

 小さなシールは誰でも簡単にキレイに貼れますが、大きなステッカーになりますとキレイに貼るには少しばかり技術が必要になります。 とはいってもご心配には及びません。以下に解りやすく手順を説明しますので、この通りにすれば誰でも簡単にキレイに貼ることができます。
 一般に大きなステッカーの貼り方には、ドライ式(直貼り)とウェット式(水貼り)の2種類がありますが、当店ではドライ式をおすすめします。
 当店の製品は水貼りの必要があるほど大きくないことと、ドライ式の方が接着力の強度を保ちやすく、透明糊の白濁の心配がないからです。
 一般的には水貼りの方が位置直しも楽で貼りやすいと言われていますが、糊の性質によっては、接着力の低下や白濁現象を起こす場合があります。
       
【用意するもの】
・スキージ(固い四角のもの(タイルなど)に布を巻いたもの や バレンでもOKです)
・マスキングテープ
・ハサミ

手順1 ・手順1
シールを貼付ける面を中性洗剤やアルコール等でキレイに拭き、油分を完全に取り除きます。
【重要】これをしっかり行わないと、すぐにはがれたり、ふちの方がめくれ上がったりする可能性がありますので、必ず念入りに行ってください。
手順2 ・手順2
まわりの余分なシールをはがして、シール本体より3〜5mmほど大きくなるよう周囲をハサミで切り取ります。
手順3 ・手順3
貼る位置を決めて、真ん中の上下と左端にマスキングテープを貼って固定します。
手順4 ・手順4
右端から裏の剥離紙を半分くらいまではがし、はがした剥離紙をハサミで切り落とします。
手順5 ・手順5
中心から外側に向かって空気をかき出すようにスキージで押さえながら貼っていきます。
手順6 ・手順6
マスキングテープと左側の剥離紙をはがして、左半分も同様にスキージで貼っていきます。
手順7 ・手順7
もし気泡ができてしまった場合は、針などで小さな穴をあけて空気を抜いてください。
手順8 ・手順8
安定した接着力を得るために、そのまま2〜3日放置します。


Copyright © 2009 atelier Ucal All Rights Riserved